CATEGORY

試合レポート|大学

  • 2022年1月9日

「明治タイム」を上回った「帝京タイム」帝京が4年ぶり10度目の頂に|第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 決勝|帝京 × 明治

帝京:赤ジャージ、明治:紫紺ジャージ 試合概要 第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 決勝 【対戦カード】 帝京大学v 明治大学 【日時】 2022年1月9日(日)11:15キックオフ 【場所】 国立競技場 試合結果 帝京大学 27  […]

  • 2021年12月26日

2年越しの1戦は帝京が圧倒。同志社は「昨年の4回生の分まで」戦うも年越しならず|第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝|帝京 × 同志社

帝京:赤ジャージ、同志社:紺グレジャージ The Side of 帝京大学 「おっけ、ハドル組もうハドル!」 前半17分、早々に4本目のトライを奪った帝京の面々は、円陣を組むべく仲間に声を掛けた。 「帝京こっから!」負けているチームのような言葉が続く […]

  • 2021年12月26日

「このゲームの主人公は自分たち。」信じ切れた明治が今季ワセダに初勝利で年越しを決める|第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝|明治 × 早稲田

明治:紫紺ジャージ、早稲田:アカクロジャージ The Side of 明治大学 この試合のテーマは『トラスト』。 信じ切ることができた。だから今季初めて、ワセダから勝利を収めることが出来た。 信じたこと、1つ目。 対抗戦での早明戦終盤、スクラムにこだ […]

  • 2021年12月18日

日体の前に出るDFで前半ドローも、最後は日大が引き離す|第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 4回戦|日本 × 日本体育

日本:黒ジャージ、日本体育:青ジャージ The Side of 日本大学 2番・井上風雅選手のハンドオフとボールキャリーで陣地を進め、最後は大外で11番・水間夢翔選手が仕留める。 前半4分、日本大学は自分たちのラグビーでスタートした。 しかし、その後 […]

  • 2021年12月18日

慶應2年連続ベスト8。近大は9年ぶりの選手権も3点届かず「このチームでラグビーが出来てよかった」|第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 4回戦|近畿 × 慶應義塾

近畿:青ジャージ、慶應:タイガージャージ The Side of 近畿大学 「絶対勝つぞー!」 円陣を解くと、真っ先に声を発した近畿大学フィフティーン。 このチームで戦う時間を、1週間増やす戦いが始まった。 前半12分、相手陣5mの位置で獲得したスク […]

  • 2021年12月15日

ともに80分間を楽しんだ両校。「ラグビー人生で一番楽しい試合だった」「最高に楽しかった」|関東大学対抗戦グループA 入替戦 |青山学院×明治学院

青山学院:黒ジャージ、明治学院:黄ジャージ The Side of 青山学院大学 入替戦に回ることは、自分たちが望んでいたことではなかった。 それでも、ポジティブに「あと2週間このチームでラグビーが出来る」と切り替えた。 「この試合がラグビー人生最後 […]

  • 2021年12月14日

EXCEEDを体現した立教が残留。成蹊は今季初の有観客に涙「支えられていることが目に見えて嬉しかった」|関東大学対抗戦グループA 入替戦 |立教×成蹊

立教:紺ジャージ、成蹊:黒赤ジャージ The Side of 立教大学 ノーサイドの笛が吹かれた瞬間、4年生の村田裕太選手は両拳を上げ、グラウンドに突っ伏した。 出場叶わなかった麻生典宏キャプテンに代わってゲームキャプテンを務めた山本開斗選手には、同 […]

  • 2021年12月11日

立正、主将とチームマザーの連携で1部昇格を勝ち取る。崩れ落ちた専修、猛攻も6点届かず。|関東大学リーグ戦1部 入替戦 |専修×立正

専修:緑白ジャージ、立正:オレンジジャージ The Side of 専修大学 後半26分の時点で開いた点差は32点。 それを、6点差まで縮めた。 だが、勝利だけが求められる試合において、26点を詰めただけでは足りなかった。 先制トライを許しても、すぐ […]