準決勝 川越東v伊奈学園【第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会埼玉県予選】

試合概要

【対戦カード】
川越東高等学校(以下、川越東)v 埼玉県立伊奈学園総合高等学校(以下、伊奈学園)

【日時】
2020年11月7日(土)10:05キックオフ

【場所】
熊谷ラグビー場Aグラウンド

注目ポイント

今春の新人戦を初めて制し、王者としての自覚・プライドを持つようになったという川越東。前節は個の能力に頼ってしまった部分もあるが、3週間でどうチームとして修正してきたか。

伊奈学園は、ノーシードながら準決勝で第1シードに挑む。

 

川越東高校について
昨年の県大会では、惜しくも準優勝。昨年末は「裏花園」と呼ばれるサニックスユース予選の出場権を蹴ってまで、大阪遠征を決行。実際に花園の舞台を目の当たりにすることで、目指すべき場所を明確にしてきた。現在は週に一度、プロコーチから戦略面の指導を受けている。勝ちにこだわる戦い方ができるようになったことで、更に展開ラグビーに磨きがかかった。今季の新人戦王者。率いるは、望月雅之監督。

注目選手

  • ウイング(11番)・江田優太選手(キャプテン)
    中学まではサッカー部。あっという間に経験者を抜かした、圧倒的ラグビーセンスの持ち主。
  • センター(12番)・柴田恵汰選手
    縦に強く、バックスラインのディフェンスの要。中学まではバレーボール部。

 

伊奈学園について
今年のテーマは『可視化・言語化・思考・笑顔』。「これまで積み重ねてきたことに自信を持ち、生徒たちの努力をTV画面を通して多くの人へ見せたい」と話すのは中村大哉監督。チャレンジャーとして、まずはAグラウンドでの1トライが目標。

注目選手

  • センター(12番)・松葉創大選手(キャプテン)、ウイング(11番)・西村悠選手(バイスキャプテン)
    監督が絶対的信頼を置く、リーダー陣。背中で引っ張る松葉キャプテンに、言葉で伝える西村VCコンビ。西村VCの本来のポジションはフランカー。
  • フォワード8人
    セットプレーからのオプションを武器とするために、どこまでフォワードが体を張れるか。

試合結果

川越東 63 – 0 伊奈学園

フォトギャラリーはこちら

PR