MONTH

2024年7月

  • 2024年7月24日

桐蔭学園が大分東明を14-12で下し優勝!今季初の全国タイトルを掴む|第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

長野県上田市菅平高原・アンダーアーマー菅平サニアパークにて行われた、第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会。 大会3日目となる7月24日(水)にはカップトーナメント決勝戦が行われ、神奈川県代表の桐蔭学園が2019年以来2度目の優勝を飾った […]

  • 2024年7月24日

準決勝は御所実×桐蔭学園の決勝経験者対決、早実×大分東明の初ベスト4対決に「目指すは日本一」|第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

長野県上田市菅平高原・アンダーアーマー菅平サニアパークにて行われている、第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会。 大会2日目となる7月23日(火)には各決勝トーナメントが行われ、24日(水)に実施される準決勝の対戦カードが決定した。 組み […]

  • 2024年7月23日

準々決勝カードが決まる。昌平が初の全国ベスト8入り|第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

長野県上田市菅平高原・アンダーアーマー菅平サニアパークにて行われている、第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会。 大会2日目となる7月23日(火)にはカップトーナメント1回戦が行われ、ベスト8が出揃った。 &rugbyを応援する […]

  • 2024年7月23日

『死の組』Hプールは、桐蔭学園・京都工学院・東福岡の順に。桐蔭学園はOB小西泰聖をスポットコーチに招聘し1位通過|第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

長野県上田市菅平高原・アンダーアーマー菅平サニアパークにて行われている、第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会。 予選ラウンドが行われた大会1日目、最激戦区となった予選Hプールを振り返る。 ※大会1日目の全体結果はこちら   1 […]

  • 2024年7月22日

昌平が埼玉県勢6年ぶりのカップトーナメント進出。國栃、御所実、桐蔭、報徳らとともに1位通過|大会1日目・結果|第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

長野県上田市菅平高原・アンダーアーマー菅平サニアパークにて行われている、第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会。 大会1日目となる7月22日(日)には予選プールが行われ、決勝トーナメントの組み合わせが決定した。 &rugbyを応援 […]

  • 2024年7月21日

真夏の高校セブンズ、開幕。選手宣誓は2年連続・仙台育英「菅平でプレーできることの喜びを胸に、仲間を信じ、相手をリスペクト」|第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

7月22日(月)から長野県上田市菅平高原・アンダーアーマー菅平サニアパークにて予選プールが始まる、第11回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会。 21日(日)には競技に先駆け開会式が行われ、全出場校が揃って出席した。 &rugbyを応援 […]

  • 2024年7月21日

初めての『ラグビー部員だけ』で迎えた全国選抜。城東の『チームを変える』覚悟

初めての『ラグビー部員単独出場』 徳島県にある城東高校ラグビー部。 県立の進学校ながら、ここ7大会連続で全国高校ラグビー大会、通称『花園』に出場している。 &rugbyを応援する 埼玉県熊谷市で開催される全国高校選抜ラグビー大会に出場するのは […]

  • 2024年7月21日

松山聖陵の『1ミリでもこだわる』きっかけは0-92の敗戦。「やったる」2024年1月7日の決意

転機は0-92の敗戦 愛媛県の強豪、松山聖陵高校ラグビー部。 今年は『1ミリでもこだわる』しつこさを信条とする。 トライを取れるシーンで取り切れない、その原因は「こだわっていないこと。しつこさ」にあると渡辺悠太監督は話す。 「強いチームとは、そういう […]