熊谷のヒーローになりたい

今日でラグビーワールドカップ2019開幕から丸1年。
全国の開催都市に『ファンゾーン』と呼ばれるワールドカップ公式のイベント会場が設置されたのも、この日からだった。

熊谷市でも計10日間ファンゾーンがオープンしたが、パナソニック ワイルドナイツはその全てに出演していた。

なぜ、熊谷のファンゾーンに全日程出演することになったのか。

当時、各所との調整にあたった谷昌樹選手(フランカー)と酒井教全氏(渉外・広報担当)に、話を伺った。



広告